MENU

知らないでは済まされないプロペシアの効果と副作用

このサイトでは、プロペシアについて効果や副作用など、服用前に必ず知っておくべき内容について解説しています。
本当に大切なことを伝えるために、ポイントを3つに絞っています。

 

私はかつて個人輸入代行サイトからプロペシアを購入して使っていました。
しかし、大切なことを知らなかったために、もう少しで大惨事になるところでした。
私のような人を少しでも減らすために、体験談をもとにお話します。

ポイント1:プロペシアの効果が出るまでの期間と効く人の割合

あなたはプロペシアを服用した場合、プロペシアの効果が出るまでにどのくらいの期間が必要か知っていますか?
また、プロペシアが効く人の割合を知っていますか?

 

服用して数ヶ月もすれば髪の毛が生えてくると思っていませんか?
それは半分正解で、半分間違いです。

 

確かに、プロペシアの服用後に数ヶ月で目覚しい改善が現れる人もいます。
しかし、それは一部の人に限った話で、大部分の人は緩やかに薄毛が改善されていきます。
プロペシアの効果が出る人の割合を表したものが下の円グラフです。

 

プロペシアの効果割合

 

プロペシアを服用後、半年以内に明らかに薄毛が改善される人は4人に1人、つまり25%です。
4人に2人、つまり50%の人は半年経過時点で、薄毛の改善を感じることはできますが、まだ十分なレベルにはなっていません。
この2人は継続してプロペシアを服用すれば、緩やかに改善していき1年も経てば薄毛は殆ど解消されます。

 

そして残りの1人は、いつまで経っても抜け毛は減りません。
つまり4人に1人、25%の人にはプロペシアは、まったく効果がありません。

 

あなたが、プロペシアを飲めば数か月で魔法のように薄毛が治ると思っているのなら、プロペシアの服用は止めたほうがいいでしょう。

 

なお、効果と副作用の出やすさは無関係です。
プロペシアを服用して、かなり効果があり、かつ、まったく副作用がでない人もいれば、全然効果が出ないのに、副作用だけはハッキリと出るという人もいます。

 

ちなみに、私は効果をそれなりに感じつつも(上の円グラフだとオレンジ色に入ります)、副作用が出ました。
次は、その副作用についてお話します。

 

ポイント2:プロペシアの副作用は誰にでも起こりうる

悩み

プロペシアには、いろいろな副作用が報告されています。

頭痛や腹痛、下痢や眠気といった医薬品によく見られる副作用の他に、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用もあります。

 

中でも注意しなければならないのは、「性機能障害=男性機能の低下」です。
プロペシアの副作用として最も多く見られるのが、この男性機能の低下なのです。
男性機能の低下というとピンとこないかもしれませんが、はっきり言うと「ED」(インポテンツ)です。

 

恥ずかしながら、私もEDになりました。

 

当時、結婚3年目に入ったばかりだったのですが、ある日、突然起たなくなりました。
たまたま体調が悪かったのかなと思ったのですが、次の日も、その次の日も同じでした。

 

妻は、気にすること無いよと言ってくれたのですが、そういう訳にもいきません。

 

プロペシアの副作用と気づいていなかったので、マカやガラナから始まり、最後には薬局で売っているマムシドリンクにまで手を出してしまいました。
結果は全敗です……。
今思い出しても悲しくなってきます。

 

結婚して3年目になり、子供がほしいと話していた矢先のことだったので、なおさらショックでした。

 

プロペシアの副作用だと気づいたのは、偶然でした。
EDについて、ネットで調べていたところ、プロペシアの副作用として男性機能の低下があるというページを見つけて、初めてプロペシアを疑いました。

 

ためしにプロペシアの服用を止めてみたところ、その週末には何事もなかったかのように、復活を遂げました。
このときは、本当に安心しました。

 

その後、プロペシアの副作用について調べたところ、プロペシアの服用をやめても男性機能の低下が解消されないという例も複数報告されていることを知りました。
私は幸いにも回復しましたが、もし回復しなかったかと考えると恐ろしすぎます。

 

まさか自分がプロペシアを服用して、副作用が出るとはまったく考えていませんでした。
私はこれまで自分は薬の副作用に強いと思い込んでいました。
風邪薬を飲むと副作用で眠くなるという人がいますが、私はそのようなこともこれまでありませんでした。

 

このように副作用は誰にでも出る可能性があります。
あなたがプロペシアを服用するなら、男性機能の低下に限らず、何らかしらの不調があったら、プロペシアの副作用の可能性を考えましょう。

ポイント3:女性にとってプロペシアは超危険

危険

プロペシアの副作用を調べているうちに知ったもうひとつの事実は「プロペシアは妊娠を望む女性にとっては触ることも危険な薬」ということでした。

すべての医薬品には胎児危険度分類という指標があり、危険な順に「X」「A」「B」「C」「D」とカテゴリー分けされています。
プロペシアの主成分(有効成分)は「フィナステリド」という米メルク社が開発した抗アンドロゲン薬です。
このフィナステリドは危険ランクの最上位、カテゴリーXに分類されています。

 

カテゴリーXの意味は、「動物・人間による研究で明らかに胎児奇形を発生させる、かつ/または使用・市販による副作用の明らかなエビデンスがあり、いかなる場合でもその潜在的なリスクは、その薬物の妊婦に対する利用に伴う、潜在的な利益よりも大きい」とされています。

 

つまり、妊婦にとって「禁忌」な薬というわけです。

 

私はこの事実を知りませんでした。
私はAGAクリニックなどの医療機関ではなく、ネットの個人輸入代行サイトでプロペシアを購入していたので、それを知る機会がなかったのです。
今でこそ個人輸入代行サイトによっては、注意喚起をしているサイトもありますが、当時は何も記載がありませんでした。

 

そのため、妻がプロペシアを触らないような配慮もしていませんでした。
普通の市販薬と同じような感覚でいたので、妻にプロペシアを取ってもらうことさえありました。

 

もちろん、妻がプロペシアを飲むことはあり得ないのですが、触るだけでも危険なのです。
プロペシアは皮膚に付着した場合でも体内に摂取されます。
そのため、取り扱いには最大限の注意が必要になります。

 

副作用によるEDなどの出来事があったため、幸いにも妻が妊娠する前にこの事実を知りました。
もし副作用がなければ、プロペシアについて深く調べることもなく、妻は妊娠していたと思います。
まさに、大惨事になる一歩手前というところでした。
今思い返しても、生きた心地がしません。

 

もし、あなたにパートナーがいるのなら、プロペシアの扱いには気をつけてください。

 

妊娠は妊娠検査薬を使って初めて気づくことが多いため、初期はパートナー本人にも妊娠した自覚がありません。
そのような場合にプロペシアへの注意がおろそかになって、パートーナーが錠剤の欠片などに触ってしまうことがないと絶対に言えるでしょうか?
そうならないためには、妊娠の有無にかかわらず、普段から最大限の注意を払っておくことが必要です。

私はプロペシアをやめました

その後、私はプロペシアの服用を中止しました。

 

プロペシアの効果をそこそこ感じていたのですが、やはり副作用が出るので継続することはできませんでした。
また女性にとって危険ということで、取扱いが難しいのもネックになりました。

 

プロペシアの効果を感じていただけに、止めるのは不安でした。
ミノキシジルタブレットという選択肢もあったのですが、もう医薬品はこりごりでした。

 

今は市販の育毛剤を使用しています。
市販の育毛剤の効果はあまり期待していなかったのですが、安全・安心を第一に優先しました。

 

なかなか満足できる育毛剤が見つからなかったのですが、とうとう9本目にしてようやく満足できる育毛剤を見つけました。
「フィンジア」という育毛剤です。
副作用もなく、安心して使っています。

 

フィンジア

プロペシアを使いたいなら必ず守らなければならないこと

医療機関

あなたがプロペシアを使いたいのであれば、守ってもらいたいことが一つだけあります。

 

それは、「プロペシアは医療機関で入手してください」ということです。

 

私は以前、個人輸入代行サイトでプロペシアを購入していました。
しかし、今では個人輸入代行サイトは使っていません。
個人輸入代行でプロペシアを入手することには、大きな問題点が3つあることが分かったからです。
その問題点を説明してきます。

 

問題点1:プロペシアについて十分な情報が手に入らない

本来、プロペシアは医師による処方箋が必要な薬です。
なぜ処方箋が必要かというと、服用に当たって注意すべき点が多くあるためです。

 

現に、もし私が個人輸入代行サイトではなく、医療機関でプロペシアを入手していれば、そもそも上記のような事態にはなっていなかったはずです。
上記にあげたポイント以外にも細かいポイントはあるはずです。
素人がネットを使って調べるのには限界があります。

 

素直に医師や薬剤師から必要な情報を入手しましょう。

 

問題点2:個人輸入した薬は救済してくれない

海外から個人輸入した薬の服用はすべて自己責任になります。
これは個人輸入代行サイトを使った場合も同じです。

 

個人輸入した薬を服用して、どんな副作用が発生しても誰も助けてくれません。

 

一例が、「医薬品副作用被害救済制度」です。
これは国が定めた制度で、医薬品を服用して副作用が出た場合の救済制度です。
具体的には、副作用の医療費に対して給付金が出たり、副作用で後遺症が残った場合に障害年金が出たりします。

 

しかし、個人輸入した薬は、医薬品副作用被害救済制度の対象外です。
仮に、プロペシアの副作用で後遺症が残ってしまったとしても、国は何も助けてはくれません。

 

問題点3:個人輸入代行サイトは違法

プロペシアの副作用について調べるうちに知ったのですが、「個人輸入代行サイトは違法」です。
この事実は最初は信じられませんでした。

 

表示も日本語で、あたかも普通の通販サイトのような感じで、手軽に医薬品を買えてしまいます。
それが、実は違法だったとは……。

 

厚生労働省のホームページに下記のように明確に記載されています。

 

引用元:医薬品等の個人輸入に関するQ&A(厚生労働省)

Q.個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。

 

A.最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。
こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

 

厳密に言えば、プロペシアは日本では承認されているので違法ではないのかもしれません。
しかし、そのようなサイトでは日本では承認されていないフィンペシアやミノキシジルタブレットも販売されています。
それは確実に違法な行為です。

 

このことを知っていたら、私は個人輸入代行サイトからプロペシアを購入することは決してなかったです。
あなたはどうでしょうか?


プロペシアの副作用が出てしまった私の場合

個人輸入代行サイトでプロペシアを購入した挙句に、男性機能の低下という副作用が出てしまった私ですが、その後、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けました。

 

カウンセラーの方にこれまでの経緯を話したところ、親身になって聞いてくれました。
無理にAGAクリニックでの治療を勧めてくることもなく、どうするかは私の意思を尊重してくれました。
持ち帰っていろいろと考えた結果、やはりプロペシアの副作用が一度出ているので、私はAGAクリニックではなく、市販の育毛剤を使うことにしました。

 

しかし、AGAクリニックで無料カウンセリングを受けたのは無駄ではありませんでした。
カウンセラーの方と話をして、自分の中で整理が付きました。

 

やはり、少しでも薄毛に悩んでいるのなら無料カウンセリングは受けるべきです。
無料カウンセリングを受けた結果、もしかしたら、あなたもAGAクリニックではなく、他の方法で薄毛対策をするという選択をするかもしれません。
もし、あなたが育毛剤を使うという選択をするのであれば、参考までに私が使っている育毛剤を紹介しておきます。

 

私はプロペシアをやめたあと、8本もの育毛剤を渡り歩いた結果、現在使っている育毛剤に出会いました。
今では、プロペシアやこれまで使ってきた育毛剤とは比べ物にならないくらい満足しています。

 

9本目にしてようやく見つけた理想の育毛剤 FINJIA(フィンジア)

フィンジア

いま育毛業界で最も先進的な成分であるキャピキシルとピディオキシジルの両方を配合した育毛剤です。

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果を持つ成分で、しかも副作用がないという理想的な成分です。
ミノキシジルの3倍の効果というのは口先だけではなく、原料メーカーの実験結果によるエビデンス(科学的根拠)がある事実です。

 

ピディオキシジルはミノキシジルの誘導体で、ミノキシジルから副作用をなくすために改良して作られた成分です。
最近では、まつ毛美容液に配合されて、まつ毛が伸びると話題になりました。

 

私が使っている育毛剤「フィンジア」は、現在発売されている育毛剤のなかで、キャピキシルとピディオキシジルの配合濃度が最も高い育毛剤です。
見つけたときは「これだ!」と思ったのを覚えています。

 

使用感はGood!

使用してみて最初に感じたのは、これまでに使ってきたどの育毛剤よりも頭皮に効いている実感がある、ということです。
頭皮にフィンジアを付けてしばらくすると、頭皮がじわーっと温かくなってきます。
これまでに味わったことのない感覚です。

 

じわじわとした感覚は、まるで頭皮の内側から毛が外に向かって飛び出そうとしているようにも感じます。
実際には、塗ってすぐに生えることがありえないのは分かっていますが、それでも生えてきているような気にさせてくれます。

 

私はこの感覚に病み付きになりました。
が、それが原因で困ったことがありました。

 

困った点

フィンジアを使っていて、ひとつだけ困ったことがあります。
それは、容器が黒いので、どれだけ残っているかが分かりづらいということです。

 

手に持った時の重さで大体の量は分かりますが、正確なところは分かりません。

 

最初の1ヶ月目は、塗った時の感覚にハマりすぎて、本来1日2回の使用でいいところを1日3回、4回と付けてしまい、足りなくなってしまいました。
もし、容器が半透明であれば、使いすぎることもなかったと思います。

 

今では、1日2回の使用を守っているので足りなくなることはなくなりましたが、たまに3回付けたくなることがあって困ってしまいます(笑)

 

気になる価格は?

値段は定期コースが9,980円(税込、送料無料)で、キャピキシル配合の育毛剤としては最も安いです。
しかも、30日間の返金保証制度があるので、試してみる分には金銭的なリスクはありません。
定期コースは返金保証の対象外という育毛剤もあるなか、フィンジアは定期コースも返金保証の対象です。

 

私は副作用もなく安心して使っています。
私にとってはなくてはならない一本になりました。

 

フィンジア

少しでも薄毛が気になるなら無料カウンセリングを受けましょう

私が一番後悔しているのは、ただ安いからという理由で、深く考えずに個人輸入代行サイトでプロペシアを買っていたことです。

 

プロペシアの副作用が出た後に知ったのですが、頭髪治療専門クリニック(AGAクリニック)では「無料カウンセリング」というものが行われています。
AGAクリニックは高額だというイメージを持っていたので、私は最初から頭にありませんでした。
無料で話を聞けるのであれば、個人輸入代行サイトを利用する前にでも行っておけばよかったと、激しく後悔しました。

 

私は、このページを読んでいるあなたに、私と同じ間違いをしてほしくありません。
なので、少しでも薄毛が気になっていて、プロペシアに興味があるのであれば、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けることを強くおすすめします。

どこのAGAクリニックの無料カウンセリングを受けるべき?

無料カウンセリングを行っているAGAクリニックはいくつかありますが、どこのAGAクリニックでもいいわけではありません。
悪質なAGAクリニックだと、ろくにこちらの話を聞かず契約を迫ってくるところもあります。

 

そこで、AGAクリニックの選び方のポイントを書いておきます。

  • (1) 実績のあるAGAクリニックであること
  • (2) 治療費をホームページで明らかにしていること
  • (3) 治療開始前に血液検査を行っていること

 

(1) 実績のあるAGAクリニックであること

最も大切なことは実績のあるAGAクリニックに行くことです。

 

間違っても、近いからという理由で近所の内科や皮膚科に行かないでください。
最近は内科や皮膚科でもプロペシアを扱っているというポスターをよく見かけるようになりました。

 

そのような病院では、プロペシアは処方してもらえるでしょうけど、AGAの専門家ではないので、本当に薬を処方するだけになってしまいます。
治療の経過や副作用の問題など、専門家でなければ対処できないことは山のようにあります。

 

(2) 治療費をホームページで明らかにしていること

治療費があらかじめホームページで確認できるか?という点も大事です。

 

治療内容に自信があるのであれば、どのような治療がいくらで受けられるのかは明らかにするはずです。
無料カウンセリングを受けるのであれば、あらかじめ治療費にいくら位かかるかを確認しておきましょう。

 

あまりに高額なクリニックの場合(例えば自分が絶対に払えないような金額のクリニック)は、止めておきましょう。

 

(3) 治療開始前に血液検査を行っていること

薄毛の原因というのは人によって異なります。
人によってはプロペシアと他の薬を併用したほうがいいこともあります。
また、他の治療を組み合わせたほうがいい場合もあります。
それなのに誰にでもプロペシアだけを処方していればOKと考えるAGAクリニックがあまりにも多いです。

 

また、副作用に関しても、事前検査を何もせずにプロペシアを処方して、副作用が出たら中止すればよいというクリニックもあります。
そのようなクリニックの無料カウンセリングを受けても何の得にもなりません。

 

きちんと治療前に血液検査をして、一人ひとりの状態に合わせた処方を行っているクリニックであれば、無料カウンセリングを受ける価値もあるというものです。

 

安心して無料カウンセリングを受けるために、私がおすすめするのは「AGAスキンクリニック」という頭髪治療専門クリニックです。

AGAスキンクリニック

男性専門発毛クリニックとして最大規模の全国45院を持つ人気のAGAクリニックです。
4〜6ヶ月の治療で、99.4%の人が発毛効果を実感しているというから、その人気も頷けます。

 

治療費はホームページ上で公開されています。
月々4,200円からプロペシアによる治療が可能となっています。
私が確認した限り、これは最安値です。
→最新の治療費をホームページ上で確認する

 

効率を重視する病院は、効果を考えず、誰にでも同じようにプロペシアを出すだけだったりします。
しかし、AGAスキンクリニックは、最初に専門医による問診とカウンセリングを無料で行います。

 

専門医による問診では、頭髪、頭皮の状態と身体全体の健康状態を問診します。
カウンセリングでは、専門カウンセラーが一人ひとりの悩みや不安を聞きながら、毛根・頭皮の状態をさらに詳しく見るため、頭皮チェックを行います。
また、治療内容や薬の種類・費用についての詳細もカウンセリングで説明してくれます。

 

カウンセリングを受けた後、もしAGAスキンクリニックで治療を受けたいとなった場合、血液検査を実施してから治療がスタートします。
現在の悩みや自分で感じる頭皮の状態について、専任のカウンセラーがじっくり話を聞いてくれるため、少しでも薄毛が気になるなら無料カウンセリングを受けて損はありません。

 

ホームページから5分とかからずに簡単に無料カウンセリングの予約ができます。

AGAスキンクリニック

更新履歴