MENU

プロペシアのジェネリック医薬品(フィナステリド錠)

プロペシアのジェネリック医薬品であるフィナステリド錠、価格は安いけど効果や安全性が気になりますよね?
ネットでプロペシアのジェネリック医薬品について調べると、次のような口コミがあります。

 

  • プロペシアをジェネリックのフィナステリド錠に変えたら効果が落ちた気がする
  • ジェネリックのプロペシアは副作用が出やすいと聞いた
  • 輸入業者が販売しているプロペシアのジェネリックは偽物が多い

 

色んな口コミがあって何が本当か分からなくなりますよね。
このページでは、プロペシアのジェネリック医薬品(フィナステリド錠)についての正しい情報をお伝えします。

プロペシアのジェネリック医薬品には正規品とコピー品があります

最も注意しなければならないのは「プロペシアのジェネリック医薬品」といった場合に指す薬が二種類あるということです。
二種類とは「正規品」と「コピー品」です。

 

正規品

正規品は、必要な試験を実施して厚生労働省の承認を得た薬のことを指します。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)として承認を受けるためには、安定性試験や生物学的同等性試験などのあらかじめ決められた試験を実施して基準をクリアする必要があります。

 

プロペシアの正規ジェネリック医薬品は、2015年に大手製薬会社のファイザーから世界で初めて発売されました。
日本国内では、「フィナステリド錠」として販売されています。

 

その後、ファイザーに続いて、沢井製薬株式会社、東和薬品株式会社、クラシエ製薬株式会社、武田薬品工業株式会社、武田薬品工業株式会社と多くの製薬会社からプロペシアのジェネリック医薬品が発売になっています。

 

これらは全て厚生労働省の承認を受けた正規品です。

 

コピー品

正規品とは異なり、国やプロペシアの発売元であるMSDの承認を得ずに勝手に製造している薬がコピー品です。

 

本来、ジェネリック医薬品は、先発薬(プロペシア)の特許が切れたあとでなければ作れません。
しかし、医薬品の特許制度がない発展途上国(例えばインド)では、日米欧で特許を取った薬を成分だけ真似して勝手に製造することがまかり通っています。
これがコピー品です。

 

この現状は国際的な問題になっています。
しかし、規制すると貧困国の医療が崩壊するとして、なかなか決着がつかない問題となっています。

 

プロペシアのジェネリック医薬品と有名な「フィンペシア」や「エフペシア」はコピー品です。

 

プロペシアの正規ジェネリック医薬品がなかった2015年以前は、プロペシアのジェネリック医薬品というと、コピー品を指していました。
ですが、本来の後発医薬品制度の趣旨からすると、コピー品をジェネリック医薬品と呼ぶのは間違いでしょう。

プロペシアのジェネリック(正規品)効果と副作用は先発薬と同じなのか?

厚生労働省の承認を受けたジェネリック医薬品は、先発薬と同じ効果と安全性を持つとされています。
これはプロペシアに限らず、どのような薬でも同じです。

 

ジェネリック医薬品としての承認を得るためには「生物学的同等性試験」を行うことが義務付けられています。
「生物学的同等性試験」を簡単に言うと、先発医薬品(プロペシア)と同等の薬効・作用を持つことを証明する試験です。
実施方法が厳密に定められているため、信頼性が高いです。

 

つまり、正規のジェネリック医薬品(フィナステリド錠)であれば、プロペシアと同じ効果を持つことが証明されています。
「生物学的同等性試験」では、血中濃度推移に統計学的な差がないことを確認しているため、ジェネリックだからといって副作用が出やすいといったこともありません。

 

では、ネットの書き込みにある「AGAクリニックで処方してもらう薬をプロペシアからジェネリックのフィナステリド錠に変えたら効果が落ちたという」という口コミは嘘なのでしょうか?
断言はできませんが、プロペシアをジェネリックに変えたことが原因ではない可能性のほうが高いです。

 

プロペシアをジェネリックのフィナステリド錠に変えた以外に、日常生活において生活リズムや食生活、ストレスなどいろいろな変化を受けています。
また、もともとジェネリック医薬品に不安を持っている人は、効果を小さく感じる傾向があります。
最終的には個人の口コミと厚生労働省の承認のどちらを信じるか、という話になります。

 

それでも心配なのであれば、ジェネリックのフィナステリド錠ではなく、MSDのプロペシア(先発薬)を使うことをおすすめします。
余計なストレスは髪に良くないですからね。

フィンペシア、エフペシアなど個人輸入代行サイトのフィナステリド錠の安全性は低い

フィンペシア、エフペシアなど通販で販売されているフィナステリド錠はコピー品です。
つまり、厚生労働省の承認を受けていません。
もちろん製造を行っている国(インド)の承認も受けていません。

 

つまり、フィンペシアやエフペシアは効果や副作用、安全性について公的には誰もチェックしていません。
もっと言うと、フィンペシアやエフペシアに本当にフィナステリドが配合されているかどうかも不明です。
フィンペシアやエフペシアを製造、販売している製薬会社を信じるしかありません。

 

それでは、インドの製薬会社や個人輸入代行サイトはどの程度、信頼できるのでしょうか?

 

参考になるのは厚生労働省と米国FDA(米国食品医薬品庁)です。
米国FDAでは、インターネットや個人輸入により入手すべきでない医薬品について注意喚起を行っています。
それを厚生労働省が参考情報としてサイトで紹介しています。

 

「厚生労働省:個人輸入において注意すべき医薬品等について」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html

 

上記の厚生労働省のサイトでは、プロペシア(一般名称:フィナステリド)は、インターネットや個人輸入で入手すべきではない薬として取り上げられています。
また、個人輸入代行サイトでは偽物の薬が取り扱われている可能性があるという記載もあります。

 

結論としては、フィンペシアやエフペシアに限らず、プロペシアも個人輸入代行サイトを利用して購入するのはやめましょう。

プロペシアの安全なジェネリック医薬品が欲しいならAGAクリニックを受診しましょう

現状、プロペシアの安全なジェネリック医薬品が欲しいのであれば、AGAクリニックを受診するしか方法がありません。

 

「通販のほうが安いから」「病院に行くのが面倒だから」と言って個人輸入代行サイトを利用するのはやめましょう。
どんな健康被害があるか分かりません。

 

最近はジェネリック医薬品のフィナステリド錠を取り扱っているAGAクリニックも増えてきました。
安いところだと月6,000円以下でフィナステリド錠を処方しているAGAクリニックもあります。

 

フィンペシアやエフペシアとの価格差は、せいぜい月2〜3千円です。
安全性を考えると、値段が安いからといって個人輸入代行サイトを利用するメリットは殆どありません。

 

定期的に病院やAGAクリニックに足を運ぶのが面倒という人は、遠隔診療を利用するという手もあります。
スマートフォンのアプリを利用して自宅にいながら医師の診療を受けることができます。

 

遠隔診療を利用すれば、自宅から一歩も外に出ることなくしてプロペシアやフィナステリドを処方してもらえます。
院内処方に対応しているAGAクリニックであれば、郵送で薬が送られてきます。
ここまでくると、殆ど通販でプロペシアやフィナステリドを購入しているのと変わらないですよね。

 

遠隔診療に対応していて、薬を郵送で送ってくれるAGAクリニックとして有名なのが「AGAヘアクリニック」です。

AGAヘアクリニックのいいところは、診察代がかからない点です。
もちろん、遠隔診療のシステム利用料も不要です。
薬代と送料だけで、プロペシアやフィナステリド錠を購入することができます。

 

AGAヘアクリニックで遠隔診療を利用してフィナステリド錠を購入する場合の料金

  • 診察代(初診料、再診料):無料
  • 遠隔診療システム費:無料
  • フィナステリド錠:5,500円
  • 送料:540円(本州・四国地域)または756円(北海道・沖縄・九州・離島地域)

合計:5,940円

 

最新の料金はAGAヘアクリニックの公式サイトを確認してください。

 

>>AGAヘアクリニックの公式サイトはこちら