プロペシアの副作用

MENU

プロペシアのジェネリック医薬品は存在しない?

プロペシアはAGAに効く薬として一部ではかなり人気のある商品です。

 

インターネットではプロペシアのジェネリック医薬品として複数の種類の薬が販売されています。

 

フィンペシア、エフペシア、フィナロ、フィナバルドといった薬がそれにあたります。

 

しかし、本来であればプロペシアのジェネリック医薬品は存在しないはずだということをご存じでしょうか?
ジェネリック医薬品とは、先発品の特許期間が切れたあとに、他のメーカーから発売されるものです。

 

プロペシアが特許で保護されているのは2019年までです。
では、なぜプロペシアのジェネリック医薬品が存在するかというと、答えは「全てインド製だから」です。

 

インドではプロペシアの特許が認められていなかったため、インドでのみプロペシアのジェネリック医薬品を作ることが可能なのです。

 

ここに落とし穴があります。
米食品医薬品局(FDA)がインドのジェネリック医薬品を製造している工場の視察を実施したところ、無数のハエを発見して問題となりました。

 

その結果、その工場で製造された薬はアメリカへの輸入が禁止されたぐらいです。

 

いくら安いからといって、安易にインド製のジェネリック医薬品に飛び付くのは危険です。