プロペシアの副作用

MENU

プロペシアでM字ハゲは直るのか?

生え際の後退、いわゆるM字ハゲで悩んでいる人のなかにはプロペシアを試してみようと思っている人も多いと思います。
ですが、そんな人に知っておいてほしい事実があります。

 

それは、プロペシアの服用だけでは、M字ハゲを直すのは、かなり困難であるということです。
その理由は、プロペシアには毛を生やす効果はないということです。

 

そもそもなぜ男性が禿げるのかご存じでしょうか?
ハゲはDHTという男性ホルモンによって引き起こされます。

 

DHTは5αリダクターゼという酵素によって生成されます。
5αリダクターゼには1型と2型の二種類があるのですが、生え際(前頭部)には2型5αリダクターゼが存在するため、M字ハゲが引き起こされるのです。

 

プロペシア(フィナステリド)は、その2型5αリダクターゼに作用して、男性ホルモンを抑制します。
つまり、禿げる原因を無くす効果があるのです。

 

しかし、プロペシアにはそれ以上の効果はありません。
生え際の後退は止められるかもしれませんが、そこに髪が戻ってくるかどうかは、それ以外のさまざまな要因が絡み合っているため一概には言えません。

 

そのため、M字ハゲを直したいと思っているのであれば、プロペシア以外を検討する必要があるのです。