MENU

プロペシアは女性にとって百害あって一利なし

プロペシアが薄毛治療に効果的と聞くと、薄毛に悩んでいる女性なら

  • プロペシアは女性でも使える?
  • 女性用のプロペシアってある?
  • プロペシアを女性が服用した場合、どのくらい効果がある?

と思いますよね。

 

結論から言うと、残念ながらプロペシアは男性専用のAGA治療薬で、女性の薄毛には効果がありません。
効果がないどころか、女性がプロペシアを服用するのは禁忌(危険)とされています。

 

このページでは、

  • なぜプロペシアが女性の薄毛には効果がないのか
  • なぜ女性がプロペシアを服用してはいけないのか
  • 女性にとってプロペシアよりも効果的な薄毛対策の薬

について説明します。

 

男性には効果のあるプロペシアが女性の薄毛に使えないのはがっかりしますよね。
しかし、プロペシアが使えなくても、女性には女性の薄毛に特化した薬があります。
それを使えばプロペシアを使わなくても薄毛を解消することができます。

 

この記事が薄毛に悩んでいる貴女の参考になれば幸いです。

プロペシアが女性の薄毛に効果がない理由

プロペシアが女性の薄毛に効果がない理由は一言で言うと、女性と男性の薄毛は原因が異なるためです。

 

プロペシアは男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療薬です。
AGAの治療薬としては最も効果があると日本皮膚科学会でも推奨されています。
(※「フィナステリド」はプロペシアに含まれる有効成分です。プロペシアは商品名のため、ガイドラインではフィナステリドと記載されています)

 

AGAガイドライン(プロペシア)

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版(日本皮膚科学会)

 

 

女性にもAGAがあり、女性のAGAはFAGA(女性型脱毛症)と呼ばれています。
同じAGAと言っても、薄毛の症状が男性とは異なります。
男性の場合、局所的に髪が薄くなりますが、女性の場合、全体的に髪が細くなって髪全体のボリュームが失われていきます。

 

男性のAGAの原因はDHTという男性ホルモンです。
DHTが多く出過ぎると抜け毛が増えて薄毛が進行します。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドがDHTを抑制することで抜け毛を減らします。

 

一方で、女性の薄毛の原因の多くは加齢や更年期障害、ダイエットなどによるホルモンバランスの乱れが大きな原因です。
男性の薄毛のようにDHTが問題で薄毛になっているわけではないので、プロペシアを服用しても意味がないのです。

 

また実際の臨床試験でも女性に効果がないという結果がでています。
日本皮膚科学会ガイドラインに下記のように記載されています。

女性型脱毛症に関しては,フィナステリド(1 mg/日)を用いた,137 名の女性被験者を対象とした観察期間 1 年のランダム化比較試験において 1 cm2あたりの硬毛数はフィナステリド投与群で−8.7,プラセボ群で−6.6といずれも減少し,フィナステリド投与群とプラセボ群の間で有意差はなかった

 

女性がプロペシアを服用してはいけない理由

女性はプロペシアを服用してはいけません。
正確には「妊婦または妊娠している可能性がある人」「授乳中の人」の服用が禁じられています。

 

下記はプロペシアの添付文書です。

プロペシアの添付文書

出典:プロペシア添付文書(一般財団法人 日本医薬情報センター)

 

なぜ「妊婦または妊娠している可能性がある人」「授乳中の人」がプロペシアを服用してはいけないのでしょうか?

 

それは、赤ちゃんが男の子だった場合、赤ちゃんの生殖器官の成長に問題が出てしまうからです。

 

男の子の生殖器官が成長するためにはDHTが必要です。
しかしプロペシアを服用するとDHTを抑制するため、生殖器官が育たなくなってしまうのです。
結果として、赤ちゃんの睾丸やペニスに奇形が起こったり、正常に機能しなくなります。

 

プロペシアの添付文書には以下のように記載されています。

本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある。

 

FDA(アメリカ食品医薬品局、日本だと厚生労働省にあたる政府機関)は、プロペシアの女性への危険度は5段階評価の最大の危険度としていることからも、その危険性が分かります。

パートナーがプロペシアを服用している場合は取り扱いに注意

女性自身がプロペシアを服用していなくても、彼氏や旦那さんがプロペシアを服用している場合は、取り扱いに注意する必要があります。

 

なぜならプロペシアの成分であるフィナステリドには「経皮吸収」の作用があり、触れるだけで成分が体内に吸収されてしまいます。

 

プロペシアは経皮吸収を防ぐためにコーティングされているので、その状態であれば問題はありません。
しかし、落として割れてしまったり、ピルカッターで半分に割ったりして服用している場合は、触ってしまうと体内にフィナステリドが吸収されてしまいます。

 

以下はプロペシア添付文書の記載です。

本剤を分割・粉砕しないこと。
本剤が粉砕・破損した場合、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は取扱わないこと。本剤はコーティングされているので、割れたり砕けたりしない限り、通常の取扱いにおいて有効成分に接触することはない。

 

男性からプロペシアが移ることはある?

男性がプロペシアを服用した場合、精液に成分が移ります。
しかし、その量は微量のため、問題はないとされています。

男性型脱毛症患者にフィナステリド 1 mgを 1 日 1 回 6 週間経口投与した時の精液中への移行量は極めて微量(投与量の0.00076%以下)であった。
(出典:プロペシア添付文書)

つまり、1回あたり5mlの射精があって、そのすべてが女性の膣から体内に吸収されたとすると、最大7.6ngのフィナステリド(プロペシアの成分)が女性に体内にはいることになります。

 

ただし、医師によっては子づくり期間の1〜3ヶ月ほど前からプロペシアの服用をやめるようすすめる人もいます。
心配であれば、パートナーにプロペシアの服用は中止してもらうようにしてください。

 

プロスカーについて

 

プロスカーは前立腺肥大の治療に用いられる薬ですが、プロペシアと同じくフィナステリドを含んでいます。
プロスカーはプロペシアよりもフィナステリドの濃度が濃い(プロペシアの5倍、1錠に5mg)という違いがあります。

 

プロスカーを服用している男性の精液からフィナステリドの成分が女性に移ることが指摘されています。
そのため、子づくり期間中はプロスカーの服用はできません。

 

厚生労働省のサイトでも注意喚起がなされています。

前立腺肥大の治療に用いられるプロスカー(PROSCAR)は1錠中に有効成分フィナステリドを5mg含みますので、女性や子どもが服用してはいけないこと、妊娠中かその可能性のある女性は砕けたり割れたりした錠剤を扱ってはいけないこと、プロスカー錠はコーティングされているので、通常の取り扱いで有効成分に触れることはないことなど、プロペシアと同様の注意事項が公表されています。また、妊娠中かその可能性のある女性は、プロスカーを服用している男性との性的接触により薬剤の暴露を受けないこと、パートナーが妊娠中かその可能性がある場合は薬剤が微量含まれる精液に暴露されないようにすること、妊娠中の女性がプロスカーの有効成分に触れてしまったときは医師に相談すること等が公表されています。
(引用元:厚生労働省「プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について」)

 

前立腺肥大の薬だから関係ないと思うかもしれません。
しかし、海外製の薬の中には育毛薬として、プロスカーと同じく1錠に5mgのフィナステリドを含むものがあります。
ご注意ください。

プロペシア以外にも女性にとって危険な薬があります

プロスカーの例にもあるように、これまで述べてきたような問題はプロペシアだけに限ったものではありません。

 

フィナステリドを含む薬は全て同じ問題を持っています。
またフィナステリドを含まなくても、フィナステリドをと同じくDHTを抑制する作用をもつ薬はすべてNGです。

 

代表的な薬を下記にあげます。

  • フィンペシア
  • エフペシア
  • プロスカー
  • デュタステリド
  • ザガーロ
  • アボルブ

 

これらの薬はAGA治療薬として人気がありますが、女性は服用できません。

プロペシアを使わなくても女性の薄毛は治ります!効果的な治療薬は?

プロペシアを使えないなら女性はどうやって薄毛を治せばいいの?と思ってしまいますよね。

 

実はプロペシアと並んで日本皮膚科学会がAGA治療薬として推奨されている薬があります。
それが「ミノキシジル」です。

 

AGAガイドライン(ミノキシジル)

ミノキシジルの外用薬については女性に対しても効果があると認められています。

 

ミノキシジルを使った育毛剤としては、有名な「リアップx5」があります。
リアップには女性版があり大正製薬の「リアップレディ」という育毛剤です。

 

国内では「リアップレディ」が市販している女性用の育毛剤の中では唯一ミノキシジルを配合しています。
ただし、海外ではミノキシジルを使った女性用の育毛剤がいくつも販売されています。

 

もう一つ、女性の薄毛治療によく用いられるのは「パントガール」という薬です。

パントガール

パントガールは、名前の通り女性専用の育毛剤(内服薬)です。
女性の薄毛治療においてパントガールはスタンダードになっています。
パントガールは臨床試験で、3ヵ月間の服用で7割の人の抜け毛が減少、そして2割の人は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善したという結果が出ています。

 

プロペシアが使えない女性にとって、ミノキシジルとパントガールはプロペシアと同等かそれ以上の効果が見込めます。
そのため、プロペシアではなくミノキシジル、パントガールを使うことをおすすめします。

ミノキシジル、パントガールはどこで手に入れる?

ミノキシジルの入手方法

ミノキシジルであれば、リアップレディがドラッグストアで購入することができます。
ただし男性用のリアップと同じく、医師による対面販売が必要になります。

 

男性は恥ずかしいという理由でリアップを避ける人も多くいます。
そのような理由で、海外製のミノキシジル育毛剤を個人輸入代行サイトから購入している人も多いです。

 

パントガールの入手方法

パントガールは、Amazonや楽天で販売されています。
ただし、ドイツで開発された商品のため販売されているのは輸入品です。

 

口コミを調べると、インターネット通販で販売されているパントガールは偽物である可能性が指摘されています。

 

通販で育毛薬を入手するのは危険

パントガールに限らず、薬やサプリメントの輸入通販(個人輸入代行)は偽物の可能性があります。
厚生労働省も注意喚起を促しています。

Q.個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、医薬品医療機器等法上は問題ないですか。
A.最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
 しかし、日本の医薬品医療機器等法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。
 こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。
引用元:厚生労働省「医薬品等の個人輸入に関するQ&A」

 

ミノキシジルにしてもパントガールにしても、偽物であれば育毛効果はありません。
効果がないならまだしも、もっと悪いことに身体に悪影響を及ぼす可能性さえあります。
薄毛が進行してしまう場合も。
薄毛を治すために使った商品で薄毛が進行してしまうのは本末転倒ですよね。

 

育毛剤は外用薬も内服薬も数か月たたないと効果が見えないので、長期間使用するので偽物を使うのはなおさら危険です。

 

そのため、インターネット通販(個人輸入代行)でミノキシジル、パントガールを購入するのはおすすめしません。
もちろん、ミノキシジル、パントガール以外の薬も同じです。

 

通販サイトや個人輸入代行サイトにはミノキシジル、パントガール以外にもたくさんの育毛薬が販売されています。
その中からあなたに合った薬を見つけることは容易ではありません。

 

また育毛薬は男性向けが大部分を占める市場のため、女性に対する情報提供が不十分なサイトもあります。

 

プロペシアやそれに類する薬が女性は服用してはいけないことを明記していないサイトも数多くあります。
正しい知識を持っていないとあなたの健康が損なわれる場合があります。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

安全に薄毛を治したいなら女性の薄毛専門の医療機関へ

もっとも安全なのは、薄毛治療を専門とした医療機関で処方してもらう方法です。
医療機関での薄毛治療というと男性向けのイメージが強いと思いますが、ここ数年で女性に対応したクリニックが増えています。
専門クリニックであれば、あなたの薄毛に適した薬を処方してもらえるため安心です。

 

でも、いきなり医療機関で治療を受けるのはちょっと気後れしますよね。
そこで当サイトがおすすめするのは、まずは無料カウンセリングを受けてみることです。

 

無料カウンセリングでは薄毛治療に関しての疑問や薄毛の悩みを専門のカウンセラーと話し合うことができます。
「無料」カウンセリングなので、もちろんタダです。
医療機関で薄毛治療をすべきかどうかも含めて相談できます。

 

薄毛の悩みは人に相談しづらいですよね。

  • いつになったら抜け毛が減るの?
  • もっと抜け毛が増えたらどうしよう?
  • このままずっと薄毛が治らなかったらどうしよう?

ひとりで悩んでいると、どんどんと嫌な方向に想像が膨らむこともありますよね。
だからこそ一度、無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします。

 

ご参考までに女性向けの薄毛治療専門クリニックで無料カウンセリングを行っているクリニックをご紹介します。
どちらのクリニックも女性の薄毛治療の専門家なので安心して通うことがあります。

 

治療が必要でなければ無理に勧誘されることはありません。

ヘアジニアス(表参道スキンクリニック)

表参道スキンクリニック

 

ヘアジニアスは著名人が良く来院することで有名な表参道スキンクリニックグループの手掛ける薄毛治療の名称です。

 

ヘアジニアスの特徴:

  • 4か月で99%、年間12,000人の発毛実績
  • 女性医師が常勤
  • カウンセリングルームはすべて完全個室で、プライバシーを確保

 

名前に「表参道」と付いていますが、全国に5か所あります。

  • 表参道本院:渋谷区
  • 大阪院:大阪市北区
  • 名古屋院:名古屋市中区
  • 福岡院:福岡市博多区
  • 沖縄院:那覇市松尾

 

公式サイトの治療例は必見です。見ると勇気を貰えますよ。
>>ヘアジニアス(表参道スキンクリニック)の公式サイトはこちら

 

東京ビューティークリニック

東京ビューティークリニック

 

東京ビューティークリニックは、女性の薄毛治療に焦点を当てた「女性の“髪”専門」外来です。

 

東京ビューティークリニックの特徴:

  • 女性に特化した薄毛治療・発毛・育毛専門病院
  • 月7,000円から始められる女性の為の薄毛治療
  • 発毛実感率99.4%の実績

 

女性専用の東京ビューティークリニックは全国に10か所あります。
他にも全国に50以上あるAGAスキンクリニックでも同じ治療が受けられます。

  • 札幌院(札幌)札幌駅 徒歩3分/さっぽろ駅 徒歩20秒
  • 銀座院(東京)銀座駅 徒歩1分
  • 新宿アイランドタワー院(東京)西新宿駅 徒歩30秒
  • 渋谷院(東京)渋谷駅 徒歩1分
  • 横浜院(神奈川)横浜駅 徒歩3分
  • 大宮院(埼玉)大宮駅 徒歩2分
  • 名古屋院(名古屋)名古屋駅 徒歩1分
  • 梅田院(大阪)梅田駅 徒歩1分
  • 難波院(大阪)なんば駅・大阪難波駅 徒歩1分
  • 福岡院(福岡・天神)西鉄福岡駅 徒歩3分/地下鉄天神駅 徒歩7分

 

東京ビューティークリニックとAGAスキンクリニック合わせて全国に60か所以上あります。
公式サイトには全国のクリニック一覧があるので見てみてください。
>>東京ビューティークリニックの公式サイトはこちら

プロペシアと女性 まとめ

プロペシアは女性に効果はありません。
また妊娠の可能性のある女性や授乳中の女性は服用すること自体を禁じられています。

 

プロペシアだけでなく、フィナステリドを含んでいる薬やフィナステリドと同じ作用を持つ薬も危険です。
そのため、自己流で育毛薬を服用することはやめましょう。

 

女性にとって薄毛の悩みの深さは男性以上ですよね。
薄毛治療の情報も男性に比べると驚くほど少ないのが現状です。

 

安心して確実に薄毛を治したいのであれば、薄毛治療専門の医療機関を受診することをおすすめします。

 

「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」と言います。
ひとりで悩まないで、無料カウンセリングを受けてみましょう。
そうすれば数ヶ月後、きっと貴女の望んでいる姿が得られますよ。